ナチュラムのセールに探していた物が!!

アウトドア&フィッシング ナチュラム

2馬力カヌー

【艤装】スポーツパルアルミカヌーを買ったら最初にやっておこう!

カンピ

カヤックフィッシング大好きおじさん お誕生日は東京ディズニーランドの開園日 釣りが好きすぎてサイト立ち上げました。 少しでも釣りを楽しみたい方のお手伝いが出来ればと願いつつ、遺言代わりにブログとYouTubeをこの世に残して逝きます(笑)

 

スポーツパルが無事我が家に到着したら

『最初に行うべき艤装』

それは、ボルト交換です。

 

なぜボルト交換を行う必要があるのか?

 

スポーツパルは海釣りにも対応しているのですが、

ボルトが錆びるんです。。。

サビが直接釣行に影響したり沈む原因にはならないのですが、

せっかくなので錆びにくいステンレスボルトへ交換しましょう。

 

しかし、ただボルトを交換するだけではもったいないので

さらにひと工夫を入れて

スポーツパルの艇外に◯◯を固定できるようにします!

今回は、一石二鳥の艤装を紹介していきます。

 

関連記事
『海釣り対応アルミボート』オシャレ度MAXのスポーツパルはいかが?

いきなりですが、『ゴムボート』って ちょっとダサくないですか?(爆) おいちゃんが釣りの為に乗り回してるイメージが 脳裏にへばりついてるんですよね。 だから今まで船外機を付けたゴムボートを買おうなんて ...

続きを見る

用意する物

まずは錆びにくいスレンレス製のボルトを用意します。

 

ボルトのサイズは?

もともとスポーツパルに付いてるネジは

既存のボルトとワッシャー

【ボルトの太さはM5】

【ボルトの長さは45mm】

 

しかし、上記のボルトサイズは目安です。

要は、

ボルトを外した画像

ここにボルトが通ればいいんです!

 

もう少し太いボルト(M6とか)

もう少し短いボルト(40mm)

 

でもOKです。

もちろん長くても構いませんよ♪

 

ボルトの必要な本数

スポーツパルには合計7本のボルトで浮力体が固定されています。

ボルトの合計は片面7本

と言う訳で両面で合計14本のボルトが使われています。

(注:前方から3本目と4本目に関しては、パドルを固定する用)

追記↓↓↓

さらにアンカーロープ固定用に2箇所

合計最大で16本のボルトを確認。

艤装用ボルト

さて、それではひと工夫しましょう。

この艤装の目的はズバリ

『シーアンカーシステム』

『タモやストリンガー・スカリの落下防止』

 

その為に必要な艤装用のボルトはアイ付きのボルトです。

(アイとはボルトの先端に【輪っか】が付いている物。)

 

created by Rinker
トラスコ中山(TRUSCO)
¥630 (2020/12/02 09:16:16時点 Amazon調べ-詳細)

このようなボルトです。

 

購入した艤装用アイテムがこちら

全てアイ付きのボルトでも構わないのですが、

予算の都合上アイボルトは最低限に抑えました。

 

ステンレスボルト M5 45mm  × 10

ステンレス6角ナット  M5 × 10

アイ付ステンボルト M5 45mm × 3

 

ホームセンターで調達したボルトたち

 

シーアンカーシステム用に追加したボルトたちが、

ステンレスワイヤー 1,5φ(ファイって読みます) 1,2m

アイ付ボルト 6M 80mm ×1

リーズロック(ワイヤーの長さ調整)×1

オーバルスリーブ(ワイヤー固定)×1

 

他にも余計な物買ってますがw

ステンレスのワッシャーも10枚買っておきました。

 

スポーツパルを艤装していく

それでは上記のボルトたちをスポーツパルに取り付けていきます。

工具はプラスドライバーとマイナスドライバー

レンチとペンチの4つがあればOKです。

レンチも100円均一に売っているセット物です。

アイ付ボルト取り付け完了

 

そしてこのアイにステンレスワイヤーを取り付けます。

オーバルスリーブを使って任意の長さで固定

 

ボルトを一個飛ばしで

リーズロックでいつでも長さが調整出来る様に固定

 

たったこれだけ。

こんな感じでカラビナでも通してやれば

【タモ】や【ストリンガー】や【スカリ】を固定出来ますので

スポーツパルでの釣りがすごく快適になりました♪

 

今なら14日間の無料お試しアリ!!

-2馬力カヌー
-

© 2020 カンピのひみ釣基地